top2012.450.jpg
PHOTO: Takashi Takahara


2012年02月26日

「タカハマ物語」撮影風景@かわら組合事務所

2月25日17:00より組合にて撮影が行われた。
鬼師組合の会合のシーン、2カット。

お馴染みのメインキャストと、予め本物の鬼師で撮影の予定だったが、
スケジュール調整がつかないメンバーが続出!!大ピンチ!

苦肉の策で、急遽、声がかかった「その日だけ即席鬼師」の面々。
だるま窯の高橋さんの顔も見える。


20120225_181845_kumiai in03.jpg


20120225_191334_kumiai in01.jpg



結構、濃いキャラ、いかにもベテラン風で良い味出てるかも・・・



20120225_201239_kumiai in02.jpg


会合シーンを無事、撮り終え、組合の外観撮影。
多分、今回の会合シーンの導入部に使われるのだろう。

20120225_204016_kumiai out02.jpg



ちなみに今日の昼間は、市役所市長室に鬼師が怒鳴り込むシーンの撮影。
何故に、怒鳴り込むかは完成作品を見てのお楽しみ・・・と、しておこう。


20120225_203653_kumiai out03.jpg


posted by project D at 11:18| Comment(0) | 三州瓦工業協同組合

2012年02月02日

日テレ「ZIP」zippeiスマイルキャラバン高浜ロケ

日テレの朝の情報番組「ZIP」
人気コーナーの「ZIPPEIスマイルキャラバン」で三州鬼瓦が紹介された。
先月の第4週、1週間は愛知県の旅。

20120123_172610.jpg


「ZIPPEIスマイルキャラバン」は、駆け出し中のシンガーソングライター「ダイスケ」と、「ZIPPEI(犬)」が、日本全国を廻り行く先々で多くの人との出会いを通じ、名所、グルメ、ものづくり体験の様子を紹介するというもの。
震災直後、昨年4月の番組編成からスタートした企画。ダイスケZIPPEIコンビの癒しキャラクターが徐々に話題になり、現在では、twitterの普及とともにリアルタイムな「追っかけ」も増殖中の人気のコーナーとなっている。





20120123_172735.jpg

収録は半日ほどかけ、まったりと行われた・・・が、尺が決まっているので実際の放送時間は???(^_^;)


仕込みなし!100%ダイスケ手作りの鬼瓦ならぬ、じっぺい瓦(#^.^#)

20120123_173617.jpg





20120123_150616.jpg



20120123_173846.jpg

皆さんお疲れ様でした。





・・・・で、終わるはずだったんだが・・・・


実は、上の収録の模様が月曜日午後から夕方まで。

収録中に、スタッフが自分に近づいてきて、何やら耳打ち・・・

ダイスケが作ったZIPPEI瓦を、金曜日早朝の生本番で使いたい!、、、
それも「いぶし」で焼いたものを。
前日の木曜日午後から高浜まで取りに来るから何とかして欲しい・・・とのお願い。
鬼瓦関係者としては通常「無理!」で済ませてしまうところ。

柔やわの出来立てを、正味3日弱で焼き上げるなんて、ほとんど「プロジェクトX」!
番組が、局が、違うンでないの?と、スタッフに言いそうだったが、
「何とか成りませんか?お願いします」
「番組的にも、そのほうが映えますし・・・」の一点張り。

結局、押し切られ敢え無く、承諾。


さぁ、ここからが大変!

NHKに取材に来てもらわないと・・
「プロジェクトX」の始まり、始まり〜。

急速乾燥はクラックが入り割れてしまうので、
少しでも水分が抜けやすいように、裏側に秘密の加工をし、
毛布にくるんで熱々の乾燥炉(鈴幸さん)へ入れて一晩、
湿気を徐々に抜きながら、毛布を外してさらに半日、
計18時間ほど乾燥。

その後、予めお願いしておいた三州のトンネルいぶしメーカー(創嘉瓦さん)に、
ご無理言って、最短コースで無理やり窯入れ。

あとは焼き割れしないよう祈るのみ!!

なあんと、木曜日朝には無事に焼けてうちの事務所に届けていただけた!
ありがとうございました!

20120126_093719.jpg


少しでも早く乾くようにと、ダイスケサイン付きの瓦の裏側は串で突いて穴だらけ・・

20120126_093736.jpg


そしてお昼、わざわざ日テレスタッフが高浜まで瓦一枚、ド派手なZIPデモカーで取りに来てくれ・・、

20120126_123852.jpg

何とか、明日の名城公園での生放送に間に合わせることができた。!(^^)!


そして1月27日朝、放送分。
名状公園からの生放送でZIPPEI瓦も無事、ご披露!
ダイスケが素手でベタベタ触って、えらいことになってますが・・・



それにしても、ほんとにちょっと出 ^^;、
さすが全国ネット、敷居は高い・・・・


どちら様も、お疲れ様でした。


ところで、
果たして瓦のPRになったのかなぁ?



posted by project D at 17:25| Comment(4) | 三州瓦工業協同組合

2011年12月03日

秘蔵画像?蔵出し〜手造り工房2011

何やら意味ありげなタイトルですが・・・
決して怪しい内容ではありません、残念ながら。

撮り貯めたデータそのまんまなので、ピンボケ、露出不足、そんなの関係ない(←懐かしい)状態です。
見辛い写真も多々ありますが、LIVE感があってよいと思います。
ただの言い訳とも取れますが・・・

いちいち一枚づつアップロードして貼っていくのが、めんどくさかったので御馴染みのスライドショウでご紹介。
ご覧になる方も、このほうが楽チンで良いかも。



愛知県陶器瓦工業組合所属の若旦那チーム「CA会」、瓦師、鬼師、学芸員・・
みんなで入り混じって情報交換(ただの世間話・・と、いない人の悪口!?)しながら楽しくやれたと思う。
造った「かわらのクォリティー」よりも、普段接点のなかったメンバーが瓦づくりを通じて同じ時間を共有すると言う「プロセス」を追究してみました。
結果としてですが、・・・三州産地内の次世代間の垣根が少しづつ低くなっていく感じがします。

甍文化継承・保存のためにも、今後の三州瓦のみならず業界全体のPR、イメージアップのためにも「一枚岩」は理想かな・・・と、思った次第です。



posted by project D at 12:43| Comment(0) | だるま日記

2011年11月28日

2011年11月27日

作業オーラス・・窯開け

一昼夜かけて行なった窯焚きから、明けて月曜日。
雨の中の火入れ、深夜の慌しい窯焚きの喧騒が嘘のように静まりかえった現場・・・

ake03.jpg

ake02.jpg

ake01.jpg

今はただ、無事に品物が出てくるのを祈るのみ・・・



そして週末、いよいよ窯開け。

果たして上手く色はのっているだろうか?行儀(ねじれ)は大丈夫か?
日常の窯開けでも毎回、不安と期待が入り混じる瞬間。

入り口の砂、土留めを外し、
狭い窯の中に入り、焼けた瓦を手渡しで次々と運び出す。

ake1.jpg

色は申し分ない、いぶしも十分に乗り完璧。行儀もそこそこ、申し分ない。

ake2.jpg

窯から出た瓦を種類別に仕分けし、木パレットに積んでいく。

ake3.jpg

古式伝統手造り瓦はじめ、映画の「鬼楽器」、まち協の「鉢」、港小学校の「卒業記念陶板」等など、すべて無事に焼けた。

陶板を組んでみる・・
ake4.jpg

めでたし、めでたし・・・と、言ったところか・・・

スタートから1ヶ月半ほどの短期間の事業だったが何とか様になったようだ。

会場整備をして下さった高浜市南部まちづくり協議会の皆さん、「タカハマ物語」撮影スタッフ隊、実際に瓦製作にあたったCA会、三州瓦工業協同組合のスタッフ、鬼瓦組合の面々、ほぼ皆勤賞のかわら美術館の金子さん、貴重な写真を撮影し提供してくれた愛知大学の高原教授、群馬からわざわざ駆けつけてくれた五十嵐さん、高橋さん、そして何よりも高橋親方と御家族・・・、今回のイベント(研修)に関わった全員にエールを送りたい、、、。あと、お隣り近所の寛大な御理解、御協力に感謝!ありがとうございました。
皆さん、お疲れさまでした。

一応、業務日報的な報告はここまでだが、写真、映像など整理がつき次第、追ってアップしていく予定です。今後も、時々は当ブログのチェックをお忘れなく!

ここを訪れてくれたすべての皆さんに感謝、、、& SEE YOU!


・・・to be continued....
d_daruma_08.gifd_daruma_07.gifd_daruma_08.gifd_daruma_07.gifd_daruma_08.gif




posted by project D at 15:23| Comment(2) | だるま日記